スタジオE

カメラ撮影、ビデオカメラ撮影、カメラアプリついて紹介しています。

スポンサーサイト

Posted by スタジオE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆光 色調整

Posted by スタジオE on   0 trackback

逆光 色調整の説明


はじめに、逆光写真は簡単に回避することができます。
※カメラの性能が良すぎると、意図しない写真が撮影される場合があり


逆光


逆光1

背景に強い光源がある際に、背景のカーテンに色を合わせると、本来
撮影したい被写体が暗くなることがある。笑顔のワンシーンが撮影
できているが台無しだ。このような写真は一般的に逆光の写真といわ
れている。


逆行4<

逆に、被写体の顔に色を会わせると、背景が真っ白になる。
何をメインとして撮影するのかカメラに教えてあげる必要があります。


色調整


室内で撮影するときはできるだけ光が入る窓側とされているが、
光源(窓側)と被写体、そしてカメラのレンズ距離によって像が決まります。
カメラのレンズ距離についてはレンズの特性 -露光・焦点距離-をご覧ください。

逆光2

上の逆光と同じシーンだが、一度撮影した写真を確認し、調整することで
被写体を明るく写すことができる。どの距離、角度、どこにピントを合わせて
色を調整したらいいのかは、実際に撮り比べてみましょう。


memo


逆光3

被写体が暗く写ってしまっても、もちろん笑顔の写真がいいにこしたことはない。
写真の質を選ぶかシーンの雰囲気を選ぶかは写真を見る人が決めることです。
いい写真については写真の価値-いい写真とは何か?をご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト

世界中の動物の写真を共有するアプリ -animo-

Posted by スタジオE on   0 trackback

動物写真共有アプリ「animo」の紹介


Webコンテンツの企画・運営をする有限会社アイデアノマドから公開されている、
世界中の動物の写真を投稿し、共有するiPhoneアプリ「animo(アニモ)」を紹介します。
animo
http://animo.mobi/
animo 動物カメラ2

animo 動物カメラ for iPhone

animoとは


このiPhoneアプリは、164ヶ国に向け配信されており、iPhoneで撮影したかわいい動物、
おもしろい動物、珍しい動物の写真を世界中のユーザーと共有ができます。投稿写真は
386種類の動物カテゴリに登録でき、好きな動物カテゴリの写真だけを閲覧することも可能。
また、TwitterやFacebookへのソーシャルネットワークサービスにも同時投稿もでき、
動物好きの「わ」が広がります。

企画


異種動物企画!みんな友達になろう!という企画を開催しております。
詳しくは上記記事をご覧くださいませ。
応募期間:2013年5月9日(木)まで

memo


動物の世界共通の愛くるしさを感じ、世界中の人々とコミュニケーションを楽しめるような
アプリとして普及して欲しいと思います。

フルサイズ、APS-Cサイズとの違い

Posted by スタジオE on   0 trackback

デジタル一眼レフカメラ(フルサイズ機)について


最近になりメーカー各社がフルサイズ性能のセンサーを搭載したデジタル一眼レフ
カメラ(フルサイズ機)を登場させている。

フルサイズとは


フルサイズとは「デジタルカメラ用の35mmフィルムと同じぐらいのきれいさ」と
表現するのがあっていると考えられる。
※デジタルカメラとフィルムカメラの違いを吟味するのはプロの世界

フルサイズのメリット


  • デジタル一眼レフ(APS-Cサイズ機)より1画素あたりの面積に余裕がある
  • よりダイナミックレンジの広いきれいな画像が期待できる

aps-cサイズ2
※APS-Cサイズをイメージして作成した画像

フルサイズ例2
※フルサイズをイメージして作成した画像


35mmフィルムカメラ用のレンズをそのままの画角のように使える
aps-cサイズ
※APS-Cサイズをイメージして作成した画像

フルサイズ例
※フルサイズをイメージして作成した画像

フルサイズのデメリット


  • フルサイズ機ではAPS-Cサイズ機の手ぶれ補正機構内蔵レンズの装着できても機能しない

フルサイズ機を使う方は、専用照明を備えたスタジオでの商業写真、巨大な望遠
レンズをつけたカメラを据え付けたスポーツ写真を撮るなどのプロカメラマンだ。
ゆえに、プロが使用するため値段は高価とされている。フルサイズのメリット、
デメリットを検討し、フルサイズ機の購入を考えている方はいるのだろうか?

また実際に商業用で使用する写真でフルサイズのきれいさを求められるものは
少なく、雑誌の1ページ全画面グラビア撮影でもAPS-Cサイズ機でも十分。また
Webで表示させる画像では、雑誌と比べて最低でも5分の1ほどに圧縮しても
さほど問題ない。

memo


プロのカメラマンに撮影を依頼した人がブログやSNSに写真を掲載するためには、
ファイルアップロード容量の制限があるため、リサイズする必要があります。
一般的にカメラ好き、写真好きな方はフルサイズにこだわらなくてもいいでしょう。

プロ用の高級カメラとアマチュア用のカメラの画素数

Posted by スタジオE on   0 trackback

販売されているカメラの画素数を比べてみるとプロ用のデジタル一眼レフモデルでは
画素数が少なく、アマチュア用とデジタル一眼レフモデルは画素数が多い。

--- Canon ---
プロ用のデジタル一眼レフモデル

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X ボディCanon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X ボディ 約1810万画素
(2012/06/14)
キヤノン

商品詳細を見る


アマチュア用のデジタル一眼レフモデル
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ 約2020万画素フルサイズCMOSセンサー DIGIC5+(プラス) EOS6DCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ 約2020万画素フルサイズCMOSセンサー DIGIC5+(プラス) EOS6D
(2012/11/30)
キヤノン

商品詳細を見る


--- Nikon ---
プロ用のデジタル一眼レフモデル
Nikon デジタル一眼レフカメラ D4Nikon デジタル一眼レフカメラ D4 約1620万画素
(2012/03/15)
ニコン

商品詳細を見る


アマチュア用のデジタル一眼レフモデル

Nikon デジタル一眼レフカメラ D800Nikon デジタル一眼レフカメラ D800 約3630万画素
(2012/03/22)
ニコン

商品詳細を見る


メーカーがなぜそのような仕様にしているのか疑問である。

---
プロの現場でのあらゆる使用を考えたとき、1200万画素が最もバランスの
よい仕様といわれている。私自身、スタジオではCanonの5D MarkIIを使用し、
十分すぎるほどの性能と思っていたものだ。

撮像素子(CCD、CMOS)サイズ

Posted by スタジオE on   0 trackback

デジタルカメラが普及し、撮像素子(CCD、CMOS)を気にする方も多いのでは
ないでしょうか。

撮像素子種類
中盤 44×33mm
35mmフィルム1コマを超える大きさとなるが、1画素あたりの面積は一般的な
フルサイズ機よりも小さく、「画質」よりも、大判ポスター、天体の撮影など
超高解像度が必要な特殊な撮影に向いている。

フルサイズ 36×24mm
35mmフィルムと同じ大きさ、超高画質で撮影可能である。「見た目画質」に
おいては、解像感、階調の深さ、奥行き感など、優れた写真が期待できる。

APS-Cサイズ 23×15mm前後
デジタル一眼レフで普及し、「ミラーレス」などレンズ交換式小型カメラに
搭載され、高解像度の撮影可能である。

1/2.33型 6.2×4.6mm
コンパクトデジカメで普及している大きさ、また携帯電話のカメラで普及している大きさ
コンパクトデジカメの中には「1/2.33型」よりも上位の「1/1.7型 7.6×5.7mm」、
「1型 13.2×8.8mm」を搭載しているものもある。

---
大きな撮像素子なら1画素あたりの受光量も余裕があり、写真の画質も上がり、
小さな撮像素子に多くの画素を詰め込むと画像が荒くなる。撮影の用途によりカメラを
交換できるように複数台のカメラを持ち歩いている人は減り、携帯電話のカメラが
コンパクトデジカメにかわってきている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。