スタジオE

カメラ撮影、ビデオカメラ撮影、カメラアプリついて紹介しています。

スポンサーサイト

Posted by スタジオE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室内、室外、天気のそれぞれの明るさ

Posted by スタジオE on   0 trackback

室内、室外、天気のそれぞれの明るさについて説明します


室内、室外、天気のそれぞれの明るさは異なる。
カメラで撮影する際に色温度の照明下で自動で色再現ができるよう作られている。
一般的に明るさを色温度に置き換えており、そのシーンによって微妙に色合いが
変化することがあるので、以下の色温度をおさえておきましょう。
(ここで単位をケルビンとして使う)

室内


  • 室内の白色蛍光灯:6500ケルビン
  • 室内の光色蛍光灯:5000ケルビン
  • 室内の電球色:3000ケルビン

室外


  • 太陽光線: 5000~6000ケルビン
  • 快晴:10000ケルビン
  • 曇り:6500ケルビン
  • 朝日、夕日:2000ケルビン


カメラの設定で室内モードや曇りモードなどがあるのは
シーンの色温度を基にして撮影しますよという設定です。
設定を変更し、どのように配色が変化するのか撮り比べてみましょう。


memo

ちなみに、スタジオ撮影のライトは3200ケルビンを想定し、
スポットライトや他の光を組み合わせて色温度を調整してしています。
シーンによっては特定の光を遮断したり、ライトを背にして光を背景に
することもあります。



関連記事

Trackback

trackbackURL:http://studioe.blog.fc2.com/tb.php/13-822fdcc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。