スタジオE

カメラ撮影、ビデオカメラ撮影、カメラアプリついて紹介しています。

スポンサーサイト

Posted by スタジオE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一枚の顔写真から自分の顔の3Dモデルが作れるサービス - Vizago -

Posted by スタジオE on   0 comments

Vizagoについて


ヨーロッパの会社「Vizago」から、専用のスキャナハードウェアを使用せず、
平面の2D写真から3Dモデルを作成するサービス「Vizago」が登場しました。

Vizago - 3D faces from a single image



Vizago利用手順


1.Facebookアカウントでログインする

2.「3D Reconstruction」をクリックする

3.アップロードする写真を用意し、「continue」クリックする
※パスポートで撮影する際と同様の正面を向いた写真が好まれる
※画像URL指定もできる

4.アップロード後に性別を選択する
  • female(女性)
  • male(男性)


5.次に写真の顔にポイントを付けていきます。
耳の下、右耳の下、左の目尻、右の目尻、鼻の左端、鼻の中央、鼻の右端、口の左端、
口の右端、左顎、右顎、顎先のポイントを選び、最後にSubmitボタンをクリックします。

6.数分後に、Resultsのリンクをクリックし、3Dモデルを確認する
※髪の毛はありません

7.メールで問い合わせてプロモーションキーを入手し、3Dモデルデータをダウンロードする

memo


Webブラウザ上でできるところがすごいと思いました。
Vizagoは真正面の顔の画像を予め用意された3Dモデルにテクスチャーマッピングを
行っているのでしょうか?
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。