スタジオE

カメラ撮影、ビデオカメラ撮影、カメラアプリついて紹介しています。

スポンサーサイト

Posted by スタジオE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピントとぼけ 被写界震度

Posted by スタジオE on   0 trackback

食べ物や花の写真よく使われている、
手前にピントが合い、後ろがぼけてる写真の技法方法がある。



被写体の近距離で写真を撮ることで簡単にメリハリのある写真が撮影できる。
ピントが合ったとはレンズの特性 -露光・焦点距離-で紹介した図のように
レンズを通して映し出された像が一点に集まった状態のことをいう。
このような写真はあらゆるところで目にするので、不思議と多くの人に
慣れ親しまれている。

また、カメラのレンズによってうまれるピントが合っているところと、ピントが合わずに
ぼけてしまうの距離を被写界震度という。
ドラマの1シーンにて、ピントを合わせた状態からわざとぼかし、被写界震度内で
被写体を変化させることで登場人物の心境や状況を表現することにも使われる。

関連記事

Trackback

trackbackURL:http://studioe.blog.fc2.com/tb.php/45-904794aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。