スタジオE

カメラ撮影、ビデオカメラ撮影、カメラアプリついて紹介しています。

スポンサーサイト

Posted by スタジオE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採用担当者の目にとまるような証明写真のポイント

Posted by スタジオE on   0 trackback

エントリーシートや履歴書は、希望企業への扉を開くカギです。なかでも
添付する写真は、履歴書に書かれた学歴、経歴以上にあなたの人格、人間性
の第一印象を与える大切な要素です。証明写真はあなたの外見だけでなく、
内面の心強さ、意気込みまでも伝える強力な自己アピールの武器になります。


数多くの履歴書のなかから、あなたの履歴書がひときわ輝き、採用担当者の
目にとまるようになればと思います。


採用担当者の目にとまるような9つの証明写真のポイント


業種によって髪型を変える


スタイルは自由、自分にあった格好でいいと言われるがアパレル系、マスコミ系、
商社系、金融系など業種によってそれぞれのイメージがある。応募する業種別に
見た目を変えるといいです。


メイクは濃い目に


カメラの特性は人の目よりも劣るので、写真に写るときは普段見えている自分と
違うように写ります。どうしたら肉眼で見ているものに近づけられるのか?
それは普段のメイクよりもチークを少し薄めに、シャドウは濃く、アイラインを
キツメニなど実際にメイクしている自分が良く知っているのではないでしょうか。


背景はできるだけ白


青とかグレーとか単色であればいいとかっていう認識は間違いです。背景が一色
でっていうのは企業側の都合です。ごちゃごちゃしてないほうに越したことは
ないのですが。
できるだけ白がいいという理由は背景の色によってフラッシュの光が反射して
顔の色が変わるからです。メイクを濃い目にするのにも関係しています。


写りる姿勢


基本ではあるけど、背筋は伸ばして胸というより肩をはります。
脇を閉める。
そして肩を下げます。
そのときに肩の左右がどちらかに傾いていないように注意してください。
あと顎は下げて少し上目線ぐらいがいいです。


カメラの位置


本人に対して真正面で撮影するのは当たり前です。
肝心なのは高さです。
だいたい鼻と口の間に合わせましょう。


表情


笑顔が一番です。目をぐっと開いて、口元を意識して頬をあげましょう。
また1回目に撮った写真よりも2回目、3回目に撮った写真の方が表情が柔らかく
いいときがあります。



---

これから就職活動をはじめる学生、転職を考えている人に少しでも採用に
結びつけられるように書きました。またコンビニにある証明写真撮影機の写り方
も参考にしてください。

ここからは応用編


白いものを膝の上で持つ


下からの光を反射させるためや、持つことで姿勢を固定できます。


写真データを入手する


写真館で撮ってもらった場合、写真データを販売してもらえます。
もう一度取り直しとかしなくていいし、駅前の写真屋さんやコンビニなどでもプリントアウトですます。
家庭でもOK。


フォトレタッチ


画像編集ソフトが使えるひとは、
肌荒れ、シワ、シミ、クマなどあらゆる部分をキレイに補正。
ただし、ここにホクロがあったらいいなぁ〜とか
こうした方がキレイだからと補正し過ぎないように注意してください。
(写真館で撮ると修正してくれますが有料のところもあります)

関連記事

Trackback

trackbackURL:http://studioe.blog.fc2.com/tb.php/46-b969a094
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。