スタジオE

カメラ撮影、ビデオカメラ撮影、カメラアプリついて紹介しています。

スポンサーサイト

Posted by スタジオE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

披露宴 基本スケジュール

Posted by スタジオE on   0 trackback

披露宴は2時間半~3時間の間でスケジュールが組まれる。ご来賓の皆様に
楽しんで頂こうと、決められた時間の中で工夫するのが披露宴のおもてなしで
一番大事なところである。


一般的な披露宴例

受付開始
両家それぞれ別に芳名帳を用意し、両家別れて受付をする。

ご来賓入場
開宴10~20分前に会場内にご入場頂きます。10分前入場と指定してくる式場もあるが、
招待客が多い場合は10分では着席できない場合があるので、早めの入場を
心がけましょう。

新郎新婦入場
新郎新婦の入場し、挙式が開始される。

開宴及び新郎新婦紹介
仲人または司会が新郎新婦の紹介を行う。

主賓ご祝辞
両家の主賓の方から、祝辞を頂きます。
主賓とは、最も偉い方1名ずつ、両家で2名です。
しかし、主賓クラスを何名も呼ぶと、ここで祝辞をお願いしない訳にはいかなくなり、
歓談までの時間が長くなるので要注意。また話が長くなる傾向にあるので、短めに
お願いしましょう。

ケーキ入刀(ファーストバイト)
新郎新婦がウエディングケーキの入刀を行う序盤のメインイベントです。
写真撮影隊が全員帰還するまで、きちんとポーズを決めていてあげましょう。

乾杯
新郎の会社の直属の上司による乾杯のご発声です。
ご祝辞同様、こちらも短めにお願いしましょう。

ご祝宴開始
乾杯後は、ご歓談に移り、料理が運ばれてくる。
両家の親族が席を立って挨拶回りをしたり、友人知人が高砂の席まで来て、
写真撮影等を楽しむ時間でもある。

新婦お色直し退場
新婦の退場し、新郎が続いて退場する。新郎新婦が一緒に退場する場合もある。
尚、会場に新郎新婦の両方とも居なくなってしまう時間が長いと寂しいので、
新郎は一緒に退場せず、後から退場した方が良いでしょう。

新郎お色直し退場
新郎の退場です。料理を楽しみ、歓談が盛り上がっている時間。

新郎新婦お色直し入場
新郎新婦のお色直しによる入場では、キャンドルサービスで入場するパターンが
多いです。ここは中盤のメインイベントでもあり、キャンドルサービス以外の
イベント場合は、インパクトの高いものを予想されることがあるので要注意。

スピーチ・余興
招待客の皆様による余興・スピーチの時間です。1組5分程度で、両家から
3組ずつ計6組が最大です(式場と要相談)。持ち時間は守ってもらうように
お願いしましょう。

祝電披露
新郎新婦へ頂いた祝電を司会者が読み上げる。

ご両親への花束贈呈
ご両親へ感謝をこめて花束の贈呈を行います。
一般的に、この花束の贈呈時に、新婦から両親へ宛てた手紙の朗読を組み込みます。
手紙と一緒にプレゼントを贈るのもいいでしょう。

ご両家代表謝辞
披露宴の最後に、ご来賓の皆様に挨拶を行う。

お開き
新郎新婦は、両親と共にご来賓のお見送りをする。

---
一般的な流れを見ると、数時間で重要なシーンがたくさん盛り込まれている。
結婚シーズンになると、一日に同じ開場で披露宴が4、5件続けて行われることもあり、
式場、披露宴開場の裏側では、決められたスケジュールを進行するために、時間との
勝負が繰り広げられている。時間が押していると、歓談の時間が短くなることもあるため、
ご来賓の皆様にご迷惑がかかる。十分に余裕のあるスケジュールにしましょう。

関連記事

Trackback

trackbackURL:http://studioe.blog.fc2.com/tb.php/58-1eec307f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。