スタジオE

カメラ撮影、ビデオカメラ撮影、カメラアプリついて紹介しています。

スポンサーサイト

Posted by スタジオE on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニにある証明写真撮影機の写り方

Posted by スタジオE on   0 trackback

証明写真撮影機の撮影から出来上がるまでの手順


コンビニなどにある証明写真撮影機(スピード写真)の画像

コンビニなどにある証明写真撮影機(スピード写真)の写り方について説明します。
証明写真を撮影するには、「写真屋に撮りにいく」、「証明写真撮影機で撮る」、
「誰かに撮ってもらう」、「自分で撮る」があります。その中の証明写真撮影機の
一般的な撮影手順です。


  1. 撮影室に入る

  2. カーテンを閉める

  3. 料金を投入する ( 400~700円 )

  4. 撮影サイズなどを指定する

  5. 座る椅子の高さを調整する

  6. 撮影ボタンを押す( 何回でも取り直し可能 )

  7. 好みのものを選ぶ

  8. 撮影室の外で写真が出てくるのを待つ

証明写真撮影機の流れはこのような感じです。
証明写真を撮影して普段の写真と違和感を覚えた方はいないでしょうか?
次に証明写真撮影機の写り方について説明します。


証明写真撮影機(スピード写真)の写り方


左右反対に撮影される


仕上がった証明写真を見て気がついている方もいると思われますが、左右反対に
写しだされていることが多いです。鏡に映った写真のようにる。


やや上目ずかいになる( カメラの位置は固定されている )


撮影のガイドラインにそって自分の背(胴)の高さに座る椅子の高さを調整する
ときに、画面のラインを見て撮影ボタンを押していませんか?その後、仕上がった
写真はやや上目ずかいになっていることが私にもありました。ラインが撮影する
のではなく、カメラが撮影するので、気持ちラインの下側を意識して撮影ボタンを
押すようにしていました。
カメラの位置が確認できる証明写真撮影機はカメラの方を向きましょう。


撮影室用でライティングが設定されている


証明写真撮影機の撮影から出来上がるまでの手順の「2.カーテンを閉める」は、
もちろん撮影しているところを外から見られないようにするためでもありますが、
カーテンを閉めた撮影室内でキレイに写真が撮影できるように設定されている
ためです。もし、カーテンを閉めないと露光が多すぎる写真に仕上がります。
参考
スタジオライティング
レンズの特性 -露光・焦点距離-


memo

証明写真撮影機でなかなか納得がいく写真を撮影することができなかった私が
四苦八苦しながらたどり着いたのが、この写り方でした。
採用担当者の目にとまるような証明写真のポイントで紹介した方法も使えますので
参考にしてください。

関連記事

Trackback

trackbackURL:http://studioe.blog.fc2.com/tb.php/84-80ba6dca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。